真性包茎の包茎手術料金はいくらくらい?

当サイトお勧め包茎手術クリニック

ABCクリニック★★★★★ 

技術力が高く・コストが安い!プロお勧めNO.1!

治療率98.7%!  包茎手術3万円! 専門医在籍!

 

ネットで3割引!カウンセリング予約はこちらから

 今なら!ネット予約で30%OFF! 

 

男性にとって気になる悩みの一つに包茎があり、実際に悩んでいる人も少なくありません。
包茎には様々な種類がありますので、自分がどのタイプに属しているのかを認識しておくことが大切です。
真正包茎が、どのようなものかを紹介します。

この記事の目次
  • 真性包茎の手術料金(健康保険あり)
  • 真性包茎の手術料金(健康保険なし)
  • 真性包茎とは

真性包茎の手術料金(健康保険あり)

真性包茎の手術を健康保険で受ける際には、手術を受ける医療機関にもよりますが、80,000~100,000円前後の料金がかかります。
その内訳は「初診料+手術料+再診料+お薬代」で、実際の料金は以下のようになっています。
例として一般的な病院の包茎手術を受ける際に健康保険の適用がある場合で、初診料が850円、手術前の血液検査が3,000円、包茎手術料が8,000~9,000円、包茎手術後の治療費が2,000円、また仮性包茎であれば70,000円という料金がかかります。
これに通院に伴う交通費などが加算されることになります。

包茎手術で健康保険が適用されるものとしては、真性包茎を治療するための包茎手術や、カントン包茎の治療を一般の病院で受ける場合だけです。

保険適応で真性包茎手術をする場合の注意点

美容外科や形成外科では健康保険が適用されないことから、これ以上の料金が必要になることもあるのです。
また健康保険で受ける際には、見た目の印象など仕上がりの面も考慮しておく必要があります。
健康保険が適用される一般病院で行う包茎手術は、あくまでも今の状態よりも良くすることが目的となっていますので、見栄えや手術後の生活などは考慮されていません。

「とにかく包茎を治したい」、「できるだけ安い料金で治療したい」という方におすすめの方法と言えます。
健康保険で包茎手術を受ける際には、その点の理解も必要です。

 

真性包茎の手術料金(健康保険なし)

真性包茎はそのままの状態にしておくと、様々なリスクが付きまといます。
そのため、できる限り早めに治療を受けることが重要と言えます。

健康保険外でも3万円からできる

真正包茎を健康保険なしで受ける際には、手術を受ける医療機関によって実際にかかる費用は変わってきます。
安いところであれば3万円程度でできますが、高いところでは22万円前後かかるところもあるのです。

3万円程度でできれば、健康保険が適応される場合とそう大きな差はありません。
真正包茎の手術では、治療するクリニックや包茎の状態によっても変わりますので、事前のカウンセリングでしっかり確認しておきましょう。

健康保険を使用しない包茎手術のメリット

真正包茎のような包茎手術は健康保険を使用した治療も可能ですが、あえて使わないという人もいます。
何故なら、健康保険を使用しないことにメリットがあるからです。
包茎手術で健康保険を使わないのであれば、自由診療で治療を行っている医療機関で治療を受けることになります。
健康保険は使用できませんが、その分手術方法の制約がなくなります。

健康保険を使用した手術はあくまでも包茎の治療が優先され、仕上がりなど見た目の問題は二の次になります。
そのため人によっては、手術跡が目立ってしまうこともあるのです。
しかし自由診療であれば、そのような心配はありません。

健康保険を使わないほうが傷跡がきれい?

初回のカウンセリングでキレイに治したり、自然な仕上がりにするための手術方法を選択できるからです。
もちろん費用は高くなりますが、健康保険適用の手術と比べると仕上がりもキレイになりますので、患者側の満足度が高くなる可能性は十分にあると言えるでしょう。

また真正包茎やカントン包茎はもちろん、仮性包茎の人など誰でも手術ができる、という点もメリットと言えます。
健康保険を使った手術は料金が安くなりますが、適用される方法が限られているのが特徴です。
健康保険での手術の場合には、環状切開方法と呼ばれる古い手術しか認められていません。

環状切開法でも包茎の状態は改善されますが、仕上がりがツートンカラーになるのが特徴です。
そのためどう見ても「包茎手術をやりました」、という状態が残ってしまうのです。
より自然な仕上がりを希望するのであれば、費用はかかりますが健康保険を使用しない手術のほうが良いかもしれません。

○健康保険を使用しない包茎手術のデメリット

健康保険を使用しない包茎手術には様々なメリットがありますが、デメリットもありますので注意が必要です。
デメリットとしてはいくつか挙げられますが、中でも大きいのが費用の問題ではないかと思います。
特に真性包茎の場合には、患者さんが負担する費用が高くなることが多いのが現状ですので、事前のカウンセリングなどで担当の医師としっかり相談することが必要です。

また医療機関を選ぶ際にも細心の注意を払いましょう。
クリニック選びの基準も人それぞれですが、単に安いという理由だけで選択する人も少なくありません。
もちろんその中には優良なクリニックもありますが、全てがそうとは限りません。
実績や評判など、様々な点を総合的に判断して決めなければ、後から後悔をすることにもなり兼ねないのです。

真正包茎は、そのまま放置しておくと様々なリスクが生じることになりますので、早めに対処する必要があります。
真性包茎の手術料金は、健康保険ある場合とない場合とで費用が変わってきます。
健康保険なしの場合はメリットが多い分、デメリットもありますのでしっかり下調べをしてから選ぶようにしましょう。

真性包茎とは

亀頭が包皮から露出していない状態のことを包茎と言いますが、通常時や勃起したときであっても、完全に亀頭に覆われた状態が真性包茎になります。
通常の包茎とは異なり、真正包茎は自分の手で皮を剥ぐことが難しいこともあり、衛生面などでトラブルに見舞われることも少なくありません。

真性包茎の割合

日本人で見ると、実際に真性包茎の症状を抱えた方はそう多くはありませんが、少数ながら存在しているのも事実です。
日本人で包茎という症状で悩んでいる方は全体の7割程度で、中でも真性包茎の割合は5~10%程度と言われています。

全体の中で最も多い症状が仮性包茎の70%であり、その数と比べると真正包茎はそこまで多いわけではありません。
しかし実際に真正包茎で悩んでいる人もいて、それが深いコンプレックスへと繋がってしまうこともあるのです。
全体の約1割の方が真正包茎ということですが、どうして真性包茎になってしまうのか、その原因を探ってみる必要があります。
また同時に、リスクについても理解しておくことが大切です。

真性包茎の原因

真正包茎になる原因というのも様々で、その中でも大きいのが成長期の段階に包皮を剥いでいなかった、ということが挙げられます。
男子の多くは成長期の過程で自ら皮を剥ぐのが一般的ですが、皮を剥ぐことの必要性については、誰かから教えられることはありません。
性教育の一環として保護者が教えるケースもありますが、多くは誰かから教えてもらう機会がないのが普通だと思います。
そのため成長期に皮を剥ぐことなくそのままの状態にしてしまい、真正包茎の症状が発生してしまうのです。

真性包茎の問題点は?

これが一般的な真正包茎になる原因ですが、そのままの状態を維持していると、どのようなリスクが出てくるのかが問題です。

真性包茎は、成長すると共にそれ自体がコンプレックスを抱く恐れがあり、精神面の不安へと繋がります。
恥垢が溜まりやすいことから、清潔感を保てないという点も挙げられます。
さらには、成長してからの性行為にも大きな影響を与えることになります。
性交を行う際に真正包茎のままでは精子が子宮に届きにくくなり、結果として子供ができにくくなるなどトラブルにもなりやすいのです。
また真性包茎のまま射精をすると、包皮が邪魔になることもあるのが難点です。