当サイトお勧め包茎手術クリニック

ABCクリニック★★★★★ 

技術力が高く・コストが安い!プロお勧めNO.1!

治療率98.7%!  包茎手術3万円! 専門医在籍!

 

ネットで3割引!カウンセリング予約はこちらから

 今なら!ネット予約で30%OFF! 

 

包茎手術には「切開・切除」と同時に「縫合」が必要です。

「縫」という字があるように、手術には「糸」を使うのですが、手術用の糸には種類があります。

この記事では、包茎手術用の糸に関する以下の内容について解説します。

この記事の目次
  • 包茎手術の糸の種類とは?
  • ナイロン糸と溶ける糸の特徴
  • 包茎手術にはどちらが適してるのか?

包茎手術を受けようとしている人に役立つ情報となっています。

これから包茎手術を受けようかと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

包茎手術の糸の種類

まず、そもそもの問題として「包茎手術に使われる糸の種類とは何か?」ということについて解説します。

包茎手術に用いられる糸には「ナイロン糸」と「溶ける糸」の2種類があります。

「溶ける糸」は何となく困るというか、「それって大丈夫なの?」というイメージがありますが、手術後すぐに溶けるということはありません。

体の水分に反応して、通常1~3週間程度で脱落するという特徴があります。

ドクターズeyes

縫合糸には「溶ける糸」と「溶けない糸」がある

ナイロン糸と溶ける糸の特徴

それでは、ナイロン糸と溶ける糸、それぞれの特徴について解説します。

まずは「ナイロン糸」の特徴について解説します。

ナイロン糸は通常「体の外側の手術・縫合に用いられる手術用の糸」です。

ナイロン製なので勝手に溶けることはなく、相応の強度を持ち合わせています。

糸といっても、その細さは「髪の毛」を思わせるような細さです。

見た目で怖さや不快感を感じることはほとんど無いでしょう。

筆者もナイロン糸で縫合手術を受けたことがありますが、見た目の悪さはほとんど感じませんでした(傷の見た目の悪さは感じますが…)。

さて、「溶ける糸」と比較するとなれば、ナイロン糸は「溶けない糸」となります。

溶けないとなると、当然ながら放置すればそのまま残り続ける糸であるということです。

傷口が塞がれるまでは必要な糸ではあるものの、傷口が塞がれた後は無用の長物、むしろ放置すれば感染症などのリスクを抱える存在となります。

そのため、ナイロン糸は「抜糸」が必要です。

抜糸は、基本的に医師が実施します。

つまり、手術後に抜糸のために通院しなければならないということになるのです。

抜糸はほとんど痛みを伴わないのですが、通院の手間がかかるのは否定できません。

次に「溶ける糸」の特徴について解説します。

これは厳密には「吸収性縫合糸」と呼ばれるものであり、最終的に人体に吸収されて消失する特徴を持っています。

そのため、安全性が高く、人体に対する親和性が高いという特徴があるのです。

溶ける糸は、特に「体内での縫合手術」に用いられることが多い縫合糸です。

血管など、抜糸する際にリスクの高い縫合手術において用いられることが多く、1~3週間で溶けて人体に吸収されます。

ドクターズeyes

溶けない糸は抜糸が必要、溶ける糸は人体に吸収されるので抜糸不要

包茎手術にはどちらが適してるのか?

前述の通り、ナイロン糸は抜糸が必要である一方で、溶ける糸は抜糸を必要としないという特徴があることがわかります。

では、包茎手術においては、どちらの糸を使用するのが適しているといえるのでしょうか?

溶ける糸は抜糸不要なので、抜糸のための通院と施術が不要であるという点はメリットだといえます。

しかしながら、包茎手術においては溶ける糸よりもナイロン糸のような溶けない抜糸が必要な糸のほうがメリットがあると言えます。

実は、溶ける糸には「傷口に炎症が起こりやすい」というデメリットがあるのです。

その結果、包茎手術の傷口が残りやすいというデメリットが発生することになります。

包茎手術は見た目を気にする人も多く、包茎を解消できても男性器の見た目が悪くなることは避けたいという人は少なくないでしょう。

また、溶ける糸は吸収されるまでにかかる時間に個人差があります。

筆者も切り傷を縫合する際に1週間程度の時間がかかりましたが、溶ける糸は3週間以上の時間をかけてようやく吸収されるというケースもあります。

糸が溶けずに残るということは、それだけ「糸の跡がつく」ということにもなるため、手術痕が良くない状態になる可能性があるのです。

ただし、溶けない糸が常に良いというわけでもありません。

溶けない糸にも炎症のリスクはあり、傷跡が固くなる可能性があるのです。

では、何を最も重要視すべきかといえば「包茎手術の技術力の高さ」と「抜糸までの行動」だといえます。

技術力の高いクリニックで包茎手術を受けることと、包茎手術から抜糸、手術後しばらくの間の勃起やオナニーを我慢できるかどうかが重要だといえます。

一般的に溶けない糸の方が傷跡は綺麗になりやすいといわれていますが、それだけではないということを念頭に置いておきましょう。

ドクターズeyes

糸の種類もそうだが、担当医の技術力や自身の対応も術後の状態に関係する

まとめ

最後に、この記事の内容を簡単におさらいしておきましょう。

おさらい

  1. 縫合手術には「溶ける糸」と「溶けない糸」がある
  2. 溶けない糸は抜糸が必要、溶ける糸は抜糸不要
  3. 糸の種類だけでなく、技術や事後対応も重要なポイント

糸の種類だけで、術後の状態が決定されるわけではありません。

「ABCクリニック」や「上野クリニック」のように、実績数が多いクリニックは技術力も安心できます。

もちろん、手術後の自分自身の対応も重要なポイントになりますので、そうしたポイントをしっかりと押さえたうえで包茎手術を受けるようにしてください。